文字サイズ|文字を小さく文字を普通サイズに文字を大きく
ご挨拶
会社概要
会社沿革
交通アクセス
1913年
旧東砺波郡福野町新町1410番地に杉木鉄工所を個人創業。杉木式簡易水道ポンプ及び農機具の製造開始。
1942年 工場を拡張、名称を福野鉄鋼共同作業場として舞鶴海軍省の需要品を製造。
1945年 戦後、福野鉄鋼共同作業所を解散。杉木鉄工所として水道ポンプ及び食品加工機械を製造開始。
1950年 造船関係の荷役部品、鉄道関係部品、産業機械部品などの鍛造品、製缶品、機械加工品を製造開始。
1960年 福野町寺家443番地に工場を移転拡張し、鍛造設備、プレス機械などを増設。建設部品も製造開始。
1962年 有限会社杉木鉄工所と改め、資本金150万円で法人組織に改組。
1963年 工場設備増強のため、資本金500万円に増資。
1970年 業績順調により、再度福野町下吉江123番地に工場を移転拡張し、第1・第2工場のほか、各種設備を増設。
同10月に資本金1000万円に増資し、杉木鉄工株式会社と改める。
1975年 各種製缶品の量産態勢に伴い、鍛造部門を全面撤去し溶断、加工、組立、溶接、焼鈍、ショット、塗装までの製缶完成品ラインを完成。
1982年 第3工場を増設し、大型シャーリングやマシニングセンターなどの設備を増強。
1985年 第4工場を増設し、CO2レーザー加工機や溶接ロボットなどの設備を増強。
1989年 第5工場を増設し、組立部門、加工機械を増強。
2004年 第5工場を延長増築し、(モノレール式ショットブラスト)を設備。新たに工場施設予定地として南砺市下吉江123-1、123-2、132、133番地(計470坪)を購入。
2005年 新事務所棟を新築し、第1工場に隣接する旧事務所部を撤去して第1工場を延長。
2008年 溶接ラインを強化するため溶接ロボット3台とポジショナー3台を設備。
第6工場建設予定地として新たに南砺市下吉江133-1、133-2番地(合計1200坪)を購入。
2009年 第6工場(2100屐砲鮨恵曄⊇弭させ新たに溶接ロボット3台、ポジョナー3台を設備し生産能力を大幅に増強。
2013年 創業100年